読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先取りビジネス

副業あれこれ

副業で30万円を目指す

ビジネス

副業で30万円を目指す

f:id:wbft:20161012150601j:plain

本業だけでは少し不満が残る、今後のことを考えて収入を増やしたいと考えるビジネスマンも多いはずです。

 

雇用の体系が少しずつ変化しており、副業つまりダブルワークを推奨している企業も増えてきています。

 

1つの収入源だけでは現在ではなく将来的に生活に支障がでる可能性もあり、さらには、雇用主自体も今後急展開で雇用できなくなる可能性も秘めているため、柱となるものを増やす傾向にあるわけです。

 

例にあげると、会社というのもおそらくほとんどの会社も軸となる商品、サービスは持っているものの、やはり派生したビジネスを展開していることが多いです。

 

たとえば美容店は髪を切る、整髪がメイン事業ですが、ほかにも美容関連商品、ワックス、トリートメントなど、市販で売られていない商品の販売もしています。

 

つまり、軸となるビジネス(本業)以外にも利益になるビジネスを展開しています。

これは個人にもいえることで、1本だけで生活できるから安心するのではなく、リスクヘッジとともにスキルアップ、変化に対応する力をつける意味でも収入の柱を増やしておく必要があります。

 

給料が20万前後であれば、十分に生活ができると思っている今この瞬間にでも、2本めの収入源の基礎を構築しておくのがベストタイミングではないでしょうか。

 

貯金するのもよし、運用するのもよし、完全に国に身を任せていると将来痛い目に逢いそうです。

 

副業で30万円となると一見難しそうですが、今からスタートさせておくと、数か月後この金額は無理な金額ではなくなります。

 

インターネットを使って賢く増やす

パソコンやスマホを持っているのであれば、おそらく誰でも副業をはじめることができます。

 

検索するだけで膨大な情報を閲覧することができ、副業をやるにはもうすでに環境は整っているといえるでしょう。

 

たとえば、株やFXといった投資関係でも、証券会社の口座開設から、本人確認までパソコン内で完結してしまいます。

わざわざ口座を開くために出向くことはありません。

また、アフィリエイト、ユーチューブなどの広告収入も好きなことを生かすことができ、さらに多数の方に拡散してもらえるSNSまで副業に適したサービスが盛んにあります。

 

こういった便利なサービスを使わない手はありません。

副業といってもお小遣い稼ぎから、本業を上回る収入になることもあります。

これは現在のテクノロジーの発達により、個人がその変化に対応している結果ということでもあります。

 

まずはハードルの低いものから

これは個人的な見解なので参考までの意見なのですが、ハードルが低いつまり参入しやすい、投資する金額の低いものから始めてみるのがおすすめだと考えます。

 

貯蓄があり、勉強熱心な方であれば株やFXといった投資からはじめるのもいいと思いますが、参入しやすいのは動画やブログなどでのアフィリエイト、サイト作成など、低資金あるいはお金をかけずにスタートさせることができるものからはじめるのがいいと思います。

 

その分ライバルが多いというのもありますが、そこは気にすることはありません。

何事も競争があり、そこで誰よりも大きな利益を出すという意識は、副業をすることで学ぶことができます。

 

地道に自分の頭で考え、他人との差別化を図れたものが、勝ち残ると思います。

比較的アフィリエイトや、動画作成などは軌道修正がいくらでもできるので、大きな失敗、損失が発生しません。

 

なるべく寄り道を防ぎたい、最初から差別化できる要素を取り入れたいと思っているのであれば、信頼できる先人に習うことも必要です。

 

ランキングの高いアフィリエイト教材

 

ランキングが上位でよく再現性の高いこういった情報教材も参考にしていくのも、最初からつまずくことなくスムーズに進めることが可能になります。

ただこういった教材は、購入して満足してしまう心理が働きます。

 

ではなく、購入してからがスタートととらえ新しいビジネスをスタートさせるという意識で取り組むことが重要です。

 

キャッチコピーが怪しいものが多く、必ずといっていいほど数字で踊らされます。

誇大広告な場合が多く、このキャッチコピーによって、購入してすぐに満足してしまう購入者が多いのではないかと考えます。

 

やりながら考える

どのようなビジネスにおいても、なにかと計画、プランを立ててからスタートします。

たしかにプランは必要かもしれませんが、果たしてその通り動くことが可能なのか?また天井を設けることで、潜在的な力を抑えてしまうのではないかと考えます。

 

副業を開始する場合、まずは手を動かすという意味でも、スタートさせてから、指南をうけるほうが賢明だと思います。

 

教材や書籍を購入するのも、まずは手当たり次第はじめてみて、わからないことにぶつかった場合に、教材に頼るという形をとるのがベターだと思います。

 

実際に、やる前と、やりながらでは理解の差が顕著にでます。

スタート前とスタートしてからでは、「わからないことがわかるかわからないか」の違いがでます。

 

細かい計画を練っても、やったことがないことは当然わからないことばかりです。

あくまでプランはプランで、実践してからとでは大きな差が生まれます。

 

おさらい

副業で30万円を目指すのにスタートさせたいのは、まず何かやってみることです。

なんでもかまいません。もちろんインターネットだけでなくさまざまな職業があるので、そういったダブルワークでも収入源は増やせます。

 

ただ時間効率を考慮すると、自宅で空いた時間を利用するのが賢明だと考えます。

ネット上であればほとんどのことが可能になり、買う人がいるということは、売る人がいるということです。

 

また、資産があるのであれば、資産運用でも投資でも、お金を増やすことができます。

ブログやサイトの運営は、時間はかかるものの、大きく飛躍させることも可能になるので、これもまた資産になる可能性を秘めていることになります。

副業と考えると軽視しがちですが、本業ともう1つ自分中心でビジネスを展開するという意気込みで発進していくことがいいのではと考えます。

 

biziy.hatenablog.com

 

 

biziy.hatenablog.com